top of page
検索

福音書の記述が信頼できる理由

目撃者の証言に詳しい人なら、目撃者の証言が個人の視点や経験によって異なることが多いことがわかるでしょう。まさにこれが、初代教会がその教えに 4 つの福音書を組み込むことを選んだ理由です。どちらかが他より優れているという問題ではありません。その代わりに、多少の違いはあるものの、核となるメッセージと主要な出来事は一貫していることを強調した。教会を批判する者の中には、彼らが所有する文書こそがイエスの真のメッセージを収めた唯一の保管庫であると主張する者もいた。したがって、使徒たち、そして最終的にはイエスご自身によって確立された伝統から逸脱する知識を個人が主張する場合には、注意が必要です。 イエスの最初の目撃者たちが亡くなってからずっと後、誰かがやってきて話をでっち上げたと想像してみてください。もしそうなら、彼らは福音書間の完全な整合性を確保するために細心の注意を払ったかもしれません。しかし、歴史が示すように、これらの証言は完全に一致しているわけではなく、時間が経ってもほとんど変更されていない本物の目撃証言としての信頼性を強調しています。 教会は、マルシオニズムやグノーシス主義などの運動によってもたらされる課題に対抗するために、公の場でその伝統を一貫して擁護してきました。これらの運動はどちらも正統なキリスト教に大きな脅威を与え、その教えを歪めようとしました。 最初の5世紀の間に、数多くの福音書が流通したことは注目に値します。このため、その頃、目撃証言を主な基準として正典を制定することが急務となった。しかし、核となる規範は 2 世紀末までにすでに形を成していました。この本の著者は、正当な目撃者になれるほど早くに執筆したのでしょうか?現代の正典に含まれる福音書は、この信頼性テストに合格し、その結果として組み込まれました。 これら他の福音書が何らかの意図的な方法で抑圧されたというのは誤解です。これらの代替福音書のほとんどは 2 世紀に書かれたものであり、その著者がイエスの生涯と教えの目撃者であったとは考えられません。さらに、これらの福音書自体が他のすべての福音書の信用を傷つけるものもあったため、その結果、彼らの福音書は無効になりました。 今日私たちが持っている福音書の選択は、多くの人々が関与した長いプロセスでした。したがって、これらすべてのことから、私たちは今日自分が持っている福音に自信を持つことができます。

閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


Post: Blog2 Post
bottom of page